図書館司書の年収はどれくらい?

図書館司書は一体どのくらいの給料をもらう事ができるのでしょうか。

 

給料が高い・安いを決め手として仕事を選ぶことはあまりないと思いますが、気になるところではあります。

 

図書館司書の年収はどのくらいなのか、少し覗いてみましょう。

 

図書館司書の年収ってどのくらいなの?

図書館司書の年収は、実はあまり高いとは言えないのが現状です。

 

正職員としての募集もあまりないため、パートやアルバイト、派遣などで勤務する方も多くおられます。

 

正職員の場合

正職員の場合でも、月給は17万円程度となり、それよりも低くなる場合もあります。

 

地域や図書館によっても異なるとはいえ、大体はこのくらいの給料となっているようです。

 

図書館司書の年収としては、大体300万円前後だと言われています。

 

ボーナスや昇給などが必ずあるというわけでもなく、その部分は図書館により様々です。

 

パートやアルバイトの場合

パートやアルバイトで図書館司書として勤務した場合には、大体時給1,000円〜1,400円程度となっています。

 

年収にしてもやはり正職員ほどは伸びず、どちらかと言えば家事や育児と両立して働くことが可能という感じです。

 

派遣の場合

派遣の場合には、大体時給1,500円〜となっているようです。

 

パートやアルバイトに次いで多い雇用形態となっており、図書館司書として派遣を選ぶ方も少なくありません。

 

このように、図書館司書としての資格を取得し、無事に就職できたとしても、給料はあまり良くありません。

 

実際に図書館司書として働いておられる方が書かれている年収は、300万円未満がほとんどです。

 

ただ、図書館が好き、本が好きという方にとっては、あまり給料は関係ない場合が多くあります。

 

図書館司書になるための門はとても狭く、ものすごい倍率の中を勝ち抜いていく必要があります。

 

給料などを見てどうこう思うのではなく、本当に図書館司書になりたい方にとっては、その仕事に就けるだけでも満足なのではないでしょうか。