「図書館司書」と「司書教諭」の違いとは?

図書館司書とは別に、司書教諭というものがあります。

 

図書館司書を目指しておられる方の中には、司書教諭という言葉を聞いたことがある方もおられるかもしれません。

 

この二つの違いはどのような部分にあるのか、ここでご説明していこうと思います。

 

図書館司書って?

二つの違いを知るために、まずは図書館司書についてご説明しておきたいと思います。

 

図書館司書とは、自治体にある公立図書館などにおいて、以下のような仕事を行う方を指します。

 

・図書の整理
・図書の貸し出し、返却対応
・来館される方への図書の紹介
・イベントの企画や開催
・おすすめの本の紹介ブースの設置
・来館される方への対応
・図書館の掃除
・図書の修繕と仕入れ、廃棄など

 

などなど、”公立図書館などにおいて”このような仕事を担っていくのが図書館司書です。

 

対象は、地域の住民の方及び、図書館を利用される方全般となります。

 

司書教諭って?

では、司書教諭はどのような方を指すのでしょうか。

 

司書教諭とは、図書館司書とは異なり、小学校・中学校・高校などにおいて、学校内の図書館・図書室を運営する人を指します。

 

この司書教諭の仕事には、以下のようなものがあります。

 

・図書室の雰囲気作り
・図書の貸し出し、返却対応
・生徒への図書の紹介
・読書の指導
・教師への図書の紹介
・情報収集と提供
・通常の教師としての業務

 

などなど、このような事を行っていく事になります。

 

”小学校や中学校、高校などの図書室おいて”、上記のような仕事を担うのが司書教諭です。

 

対象となるのは、地域の方々ではなく、学校の生徒及び学校の教師となります。

 

司書教諭には教員免許状が必要です

上記の事から、対象となる人の違いや、働く場所の違いなどがあることが分かりました。

 

ですが、図書館司書と司書教諭には、もう一つ大きなな違いがあります。

 

それは、司書教諭というのは教員免許状がなくては出来ないというものです。

 

司書教諭は、小学校・中学校・高校・特別支援学校の教員免許状を所持している状態で、学校側から任命されなくてはなることが出来ません。

 

また、司書教諭の資格を取得すべく、講習を受講する必要があります。

 

このように、図書館司書と司書教諭には様々な違いがあります。