司書補とは?

図書館司書とは別に、「司書補」という言葉を聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか。

 

この司書補、どのような方を指しているのかご存知ですか?

 

ここでは、司書補とはどのような方を指すのかについて、ご説明していきたいと思います。

 

司書補ってどんな人のことなの?

図書館司書補というのは、図書館司書をサポートする役割を担っている人の事を指します。

 

サポートするということは、図書館司書の後をついてまわり、業務を手伝うように感じられるかもしれません。

 

ですが、司書補は図書館司書とあまり仕事内容が変わらないともされています。

 

例えば、司書が行う貸し出し業務、返却業務、図書の修繕、イベントの実施、図書の紹介といったように、図書館司書が行う業務を担っていることも多くあります。

 

図書館司書補はどうやったらなれるの?

この図書館司書補になるためには、以下のような方法があります。

 

・司書資格を取得している場合には司書補資格も取得していることになる
・高校もしくは中学を卒業し、司書補講習を修了する

 

このような方法にて、「図書館司書補」となることが出来ます。

 

図書館司書補は、中卒でも高卒でも、学歴に関係なくなることが出来るとして人気があります。

 

司書補講習というものは、毎年7月〜9月頃に、全国の大学(5つほど)で実施されている集中講義となります。

 

この司書後講習では、図書館についての専門科目を勉強していきます。

 

司書補講習を受講する資格としては、中学や高校、高等専門学校第三学年を修了していれば受講することが出来ます。

 

受講を希望する大学より資料を取り寄せ、書類を準備し申し込む事で、司書補講習の受講が可能となっています。

 

ただ、実際に図書館に勤務する場合には、司書補としての採用はあまり無く、ほとんどが司書採用となっています。

 

司書補から司書になる方法もありますので、別記事をご覧ください。