図書館司書に求められる能力とは?

図書館司書に憧れる方はとても多くおられます。

 

静かな環境で、大好きな本に囲まれて仕事が出来れば、とても幸せなことだと思います。

 

では、この図書館司書に求められる能力には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

求められる能力にはどんなものがあるの?

図書館司書に求められる能力としては、以下のようなものがあります。

 

・コミュニケーション能力
・地道な仕事をこなせる能力
・必要であれば注意することが出来る能力

 

など、このような能力が求められることになります。

 

では、具体的にどのようなことなのか、見ていきましょう。

 

コミュニケーション能力

図書館には様々な方が訪れ、それぞれの求める本を手にとられます。

 

中には、探している本が見つからずに困っておられる方も多く見受けられます。

 

そのような方に、図書を紹介したりする仕事も、図書館司書の重要な仕事となっています。

 

来館された方が探しておられる図書を紹介するだけではなく、おすすめの本として関連する図書をリストアップしたりすることが出来る能力も必要です。

 

ただ単に必要な本だけを紹介するよりも、来館された方に快適に過ごしていただくために、そのようなコミュニケーションも必要となります。

 

地道な仕事をこなせる能力

日本人は細かい仕事が好きだと言われていますが、もちろん全員がそうではありません。

 

中には、細かい仕事が物凄く苦手という方や、触りたくもないという方もおられると思います。

 

ですが、図書館司書の仕事というのは、細かい作業を要求されることも多くあります。

 

例えば、本が間違った場所に並べられていた場合、それを一冊ずつ元の場所に戻す必要があります。

 

また、図書が傷ついていたり、破れている場合には、それを修繕しなくてはなりません。

 

細かい作業となりますが、来館された方が気持ちよく図書館を利用することが出来る様にすることも、図書館司書に必要となる能力の一つです。

 

必要であれば注意することが出来る能力

図書館はとても静かなところというイメージがありますし、図書館内で騒ぐことはいけないと知っている方が多いと思います。

 

ですが、中には図書館内で大きな声で雑談をしたり、他の方の迷惑となる行為をされる方もおられます。

 

そのような場合、図書館司書としてしっかりと注意できる能力は必要となります。

 

「他のお客様の迷惑となりますので、静かにしていただけますか?」という声かけを行ったり、ソファーに横になって寝ている方などに対しても、注意しなくてはなりません。

 

時には嫌な顔をされたり、怒鳴られたりすることもあるかもしれませんが、他の方に図書館を快適に利用していただくためには注意するということも必要になります。