図書館司書の求人状況はどう?

最近の本離れは深刻で、大手の出版社も業績的に厳しいというのは誰もが知っていることでしょう。

 

かつて読んでいたあの雑誌が休刊に追い込まれてしまった…という事もよくあり、本好きの私にとっては少しさみしい状況が続いています。

 

そんな中でも、町の図書館は活況とは言えないものの、存続を危ぶむような声は聞こえてきません。

 

その図書館で働く人については、図書館司書という資格を持った人が就職できる事になります。

 

難関で知られる図書館司書の資格ですが、昨今の不景気により取得者数は減るようには見えません。

 

では、図書館司書資格を持っていると求人面ではどの程度有利に働くのでしょうか?

 

今回は、図書館司書の求人状況について紹介していきます。

 

就職するまでのプロセスは?

まずは、図書館司書資格の取得者が実際に図書館で働くまでの流れを紹介していきます。

 

晴れて図書館司書の資格を取得すると、各雇用先の採用試験を受験することになります。

 

これ自体は決して難しいものではありませんので、見事クリアできれば書類選考と面接を受けることになります。

 

これは、図書館司書の資格有無に限らず、就職活動におけるスキルが問われる場所になります。

 

面接後に採用可否の連絡が通知され、採用決定すれば晴れて図書館で勤務することができます!

 

図書館司書の資格を持っていても、必ずしも図書館で働くことはできないという点は、よく覚えておきましょう!

 

図書館司書の求人状況は?

では、本題の求人状況について紹介していきます。

 

先に触れましたが、図書館自体の数は減少傾向を見せていませんが、公務員自体の人数は減っています。

 

財政が厳しい中で、少しでも効率化して人数をかけずに運営する動きがあり、その流れは図書館にも押し寄せています。

 

よって、図書館司書の需要は年々減ってきているのが実情で、求人数も減少しています。

 

そんな中でも、文部科学省のホームページで求人に関する情報を見ることができますので、希望の職場があればすぐに応募してみることをおすすめします。