図書館司書の役割とは?

図書館司書の役割というのは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

静かな図書館で、黙々とカウンター業務を行っているイメージがある図書館司書ですが、実は様々な役割を担っているのです。

 

図書館司書の役割ってどんなものがあるの?

図書館司書の役割には、以下のようなものがあります。

 

・古くなったり、破れたりした本の修繕
・図書の貸し出しと返却対応
・電話対応
・イベントの企画と開催
・来館された方への図書の紹介と案内
・図書紹介ブースの設置
・図書の仕入れと破棄
・新聞の入れ替え
・快適な図書館づくり

 

などなど、挙げだしたらきりがないほど、図書館司書の役割はとても多くのものがあります。

 

古くなったり破れたりしている本があれば、すぐに修繕するようにしなくてはなりません。

 

また、居心地の良い図書館になるように、雰囲気づくりをしたり、来館された方への対応などにも心配りが必要です。

 

マナーの悪い方に注意を促すことも、図書館司書の役割です。

 

そして、図書館に並べる図書の選定なども、図書館司書の大切な役割となっています。

 

その地域の方々がどのような本に興味を持っておられるのか、どのような本が人気があるのかを調べる必要があります。

 

この図書館にしかない!というような資料などがあれば、来館される方にも喜んでいただくことが出来ます。

 

こども達に向けての読み聞かせのイベントなどを企画・開催したり、大人の方に向けて図書の紹介ブースを設置したりもします。

 

おすすめの本を紹介したりすることは、本に精通している図書館司書でなくては出来ないことでもあります。

 

また、来館された方が図書を探しておられ、図書館司書に相談してこられた場合の対応も重要な役割となります。

 

ただ探しておられる本を紹介するだけではなく、併せておすすめの本をリストアップしたり、紹介したりすることも大切です。

 

このように図書館司書は、ただ黙ってカウンター業務を行っているわけではなく、本の選定や紹介、イベントの開催など、様々な役割を担っているのです。