最短で図書館司書になるには?

図書館で働く図書館司書に憧れている方が多いかと思いますが、実は私もそのうちの一人でした。

 

どこか凛としていてい、クールなイメージがあるのですが、実は話すと人情的でどこか憧れの的になるケースが多いですね。

 

そんな図書館で働く職員が必ず取得しなければならないのが、図書館司書という資格です。

 

図書館司書とは、メインの業務として本の貸出に関する管理であったり、本に関する教育や啓蒙なども行うことがあり、その仕事内容は相当高いレベルを求められます。

 

よって、図書館司書という資格制度を引き、スキルのあるものが実施することになっているのです。

 

そんな図書館司書になるには、どのようなステップを踏まなければならないものなのでしょうか?

 

また、基幹的にどの程度取得までかかってしまうのでしょうか?

 

今回は、ケース別に図書館司書の資格を最短で取得する方法について紹介してきます。

 

高卒で最短で図書館司書になるには?

高卒で図書館司書の資格を取得する場合は、まずは司書補という資格を取得することになります。

 

司書補の資格を取得するためには、1ヶ月間の講習を受ける必要があります。

 

その後に、実際に図書館で図書館司書の補佐として3年間の実務経験を積むと、今度は図書館司書になるために司書講習を受けることができます。

 

この司書講習をスクールで2ヶ月間受講することで、晴れて図書館司書の資格を取得することができます。

 

よって、最短でも4年弱の期間をかけて取得することになりますので、かなりのハードルといえますね。

 

大卒、短大卒で最短で図書館司書になるには?

次に、大学や短大を卒業した方が図書館司書になるための期間について紹介します。

 

実は、短大で得られる科目数で司書講習を受講するための要件をクリアできますので、そのまま司書講習に進むことができます。

 

その後は司書補のケースと同じで、2ヶ月程度の講習を受けた後に、図書館司書の資格を取得することができます。