図書館司書の給料はどれくらい?

図書館司書という職業をご存知でしょうか?

 

ぱっと聞くと難しい職業なのかなと感じてしまいますが、実にシンプルで図書館で働く人が持つ資格であります。

 

単純に言えば、公務員という扱いになるので、雇用の安定感が魅力的な職業ですね。

 

更に、静かな環境で働くことができるというのも魅力であり、多くの方がなりたいということで、図書館司書を狙っています。

 

ただ、実際には採用数は非常に少なく、年々募集数も減少しているのが実情であり、需要と供給のギャップは広がる一方です。

 

そんな図書館司書という職業ですが、収入という面ではどのようになっているのかが気になります。

 

そこで、図書館司書の収入・お給料について調べてみました。

 

図書館司書の給料はどんなもの?

まずはじめに、図書館司書の働く職場によって給料は変化しますので、主な採用先を紹介します。

 

図書館と言っても、幾つかの種類があります。

 

まず、公立図書館と呼ばれている、市町村立図書館や都道府県立図書館の場合ですと、地方自治体が実施している採用試験を受けて、採用となります。

 

この場合、実は正社員ではなく非正規雇用となるケースがあります。

 

次に、学校図書館として小・中・高等学校の図書館で働くケースです。

 

この場合ですと、実は司書教諭という資格を取得する必要があり、少し敷居が高いです。

 

その他にも、大学図書館や国立国会図書館などといったところが採用先として挙げられます。

 

公立図書館の給料は?

今回は、最もポピュラーな公立図書館の場合の給料に絞って調査しました。

 

正規雇用の場合ですと、概ね初任給は一般的な公務員と変わらないという、意外な結果が明らかになりました。

 

更には、図書館によってはシフト勤務なども行わなければならないケースもあるので、結構ハードであります。

 

次に、非正規雇用の場合ですが、やはり給料としてはガクッと下がって、15万円程度となっています。

 

この結果から、図書館司書の給料は決して恵まれているとはいえない、というのが本音になります。