図書館司書とは?

図書館司書になりたい!という漠然とした希望はあっても、実はよく知らないなんてこともあるかもしれません。図書館司書になるためには、その職がどのようなものなのか、しっかりと理解しておく必要があります。

 

ここでは、図書館司書とはどのような職なのか、図書館司書になるにはどうすれば良いのかについて、詳しく解説していきます。

 

図書館司書って?

図書館司書とは、図書館において専門的知識をもって働く職員のことです。

 

図書館での本の貸し出し・返却対応や、資料や本の整理、利用する方が探しているものを的確に提供することなど、様々な仕事があります。古くなった本の修理や、新しい本の発注、クレームへの対応などなど、仕事内容はとても多岐に渡っています。

 

特に、図書館を利用する方が探している本を提供したり、調べごとをする際にお手伝いしたりという事については、本のプロフェッショナルとして輝く事が出来ます。

 

図書館という場所で、利用される方の生活などを本によって豊かにするというようなイメージの仕事となっています。

 

図書館司書になるには?

図書館司書になるために、必須となる資格などはありません。ですが、司書資格については取得されることをお勧めします。

 

図書館で本のプロフェッショナルとして働くのであれば、自分の仕事を充実させ自信を持つためにも、利用者の方によりよい提案が出来る様にするためにも、ぜひ取得していただきたい資格です。

 

図書館司書資格を取得する方法

・司書養成課程のある大学・短大にて指定の科目を履修し、単位を修得することで資格を取得
・大学や短大を卒業後に、司書講習を受講し資格を取得(通信・夜間を含む)
・司書補講習を受講し、司書補資格を取得後、図書館で3年以上の実務経験を積み、司書講習を受講して資格を取得

 

このような方法で司書資格を取得することが出来ます。司書補からスタートする方法では、中学もしくは高校を卒業した学歴があれば可能となっています。

 

働きながら司書資格を取得したい場合には、司書講習を受講するか、司書養成過程のある大学の通信教育を受ける事で取得することが出来ます。自分に合った方法で、司書資格取得を目指してみてくださいね。