図書館司書の資格を取得するメリットとは?

私の中でなりたい職業の最上位であるのが、図書館の職員です。

 

好きな本に囲まれて仕事できる、幸せのような職業でありますが、残念ながらなることが叶わず、今に至ります。

 

同じ経験をした方が多いかと思いますが、そんな図書館の職員になるためには図書館司書という資格を取得する必要があります。

 

また、資格を持っていても採用試験に合格しなければ、希望する図書館で働くことができませせん。

 

更には、採用自体が非常に少ない職業でもあるので、相当な難関となっているんですよね。

 

よって、私のように挫折してしまう方が続出しているわけです。

 

そんな中で、図書館司書という資格を取得することのメリットって何があるのでしょうか?

 

今回は、図書館司書の資格のメリットについて紹介します。

 

本に関する知識を活かせる!

図書館司書を取得することで、必然と図書館で働くことができるチャンスを得ることができます。

 

そんな中で、図書館で働くことになれば本に関する知識を存分に活かすことができます。

 

例えば、どんな本が今はやっているのかであったり、この本の内容は?とお客様に尋ねられても、回答することができる様になります。

 

これは、個人的な力量にも左右されることになりますが、多くの方に本の素晴らしさを伝えることが出来るだけに、非常に魅力的な職業であります。

 

また、自分ごのみの本のラインナップも可能となりますが、あまりに主観を入れ過ぎるのは問題になりますよ。

 

安定した収入を得ることができる!

無事に図書館で働くことが出来れば、必然と公務員となることができます。

 

よって、安定した収入を得ることができるわけです。

 

また、活字離れで本を読む人が減っていますが、まだ図書館の数に大きな現象は見られません、

 

ですので、雇用の安定感という意味でも、図書館司書という資格を持っていれば安定して働くことができるといえます。

 

このご時世で、非常にありがたい職業と言えます。