図書館司書|資格の難易度はどれくらい?

図書館司書の資格を取得する難易度というのは、どのくらいになっているのでしょうか。

 

あまりに難易度が高いとなれば、躊躇してしまう方もおられるかもしれません。

 

ここでは、図書館司書の資格を取得する難易度について、見ていきたいと思います。

 

資格取得の難易度は?

図書館司書の資格を取得するための方法としては、以下のようなものがあります。

 

・図書館司書養成科目のある大学や短大に入学し、単位を修めて卒業する
・大学や短大を卒業後、図書館司書講習を受講して資格を取得する
・中学もしくは高校を卒業後、司書補講習を受講して司書補の資格を取得し、3年以上の実務経験を積んだ後、司書補講習を受講して資格を取得する

 

このような方法にて、図書館司書の資格を取得することが出来ます。

 

図書館司書の資格を取得するために大学や短大に入学したりする場合、限られた大学や短大を受験することになりますので、難易度は受験される方の学力にもよります。

 

ただ、入学して無事に単位を修める事が出来れば、図書館司書の資格を取得することが出来ますので、難易度はそこまで高くないといえるのではないでしょうか。

 

そして、大学や短大を卒業後に図書館司書講習を受講するという方法の場合にも、図書館司書講習を修了すれば資格が取得出来ますので、難易度は高くないと言えます。

 

一つ問題があるとすれば、中学や高校を卒業して司書補講習を受講して司書補資格を取得し、その後3年以上の実務経験を積んだ後で司書講習を受講するという場合です。

 

この場合、司書講習を受講するためには、3年以上司書補として実務経験を積む必要があります。

 

ですが、図書館司書としての採用はあっても、図書館司書補としての採用はなかなかないのが現状です。

 

そのため、司書講習を受講するまでに、図書館に勤務するという点がやや難易度が高いといえるかもしれません。

 

アルバイトや正職員などの雇用形態は問われませんが、難しい部分でもあります。