図書館司書の仕事内容とは?

図書館で働く職員さんには、実は非常に高い能力を求められているのをご存知でしょうか?

 

多岐にわたる職務内容と人格形成にも寄与する場所であるために、一種の教員のようなスキルも求められる、見た目以上にハードな職務になります。

 

よって、誰でもなることができるわけではなく、資格制度を採用していて資格を持ったもののみがなることができる職業なのです。

 

図書館の職員になるためには、図書館司書という資格を取得することになりますが、では図書館司書の仕事とはどのような内容になるのでしょうか?

 

意外と知られていない、図書館司書という仕事の内容について解説していきます。

 

メインの仕事は本の管理

図書館司書のメインとなる仕事は、ラインナップされている本の管理になります。

 

本の貸し出しに関しても管理を行う必要がありますし、貸し出し日数の管理もしなければなりません。

 

場合によっては、返却を促すようなあまりやりたくない仕事もしなければなりません。

 

更には、返却された本を棚に返すのも重要なお仕事です。

 

また、本が破損したりしていれば、新しい本と入れ替えるのも重要なミッションになります。

 

いかに利用者が本を借りやすくするかが、図書館司書に課せられた職務になります。

 

本に関する啓蒙も重要

ただ本の貸し出しだけの職務でないのはご理解いただけたかと思いますが、それと同時に本に関する啓蒙も行うケースがあります。

 

例えば、今流行の本の紹介ポスターを作ったり、自分のおすすめしている本の紹介なども行うことになります。

 

これに関しては、やはり本が好きな方でないとなかなか務まることができません。

 

場合によっては、利用者の方から筆問を受けるケースもあります。

 

この質問に即座に回答するためには、常に本に関する最新の情報や知識を持っていないと対応できません。

 

このように、とても高いスキルを求められるのが、図書館司書という仕事の特長であります。

 

資格制度を採用しているのは必然的ですね。