図書館司書の資格とは?

図書館の職員と聞くと、どこか楽な仕事をしているという偏見を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

いつでも快適な環境に身をおいて、好きな本に囲まれて仕事をしている…そんなイメージがあるのですが、実は非常にハードな仕事なのです。

 

大抵の場合、ほぼ一人で図書館を切り盛りするケースがあるので、利用者の多い図書館ですと毎日が大忙しなわけです。

 

そんな図書館職員が必ず取得しなければならないのが、図書館司書という資格です。

 

図書館司書という資格は、どのような内容の資格になっているのでしょうか?

 

今回は、図書館司書の資格について紹介します。

 

図書館司書の資格とは?

図書館司書の資格については、文部科学省が所管となる国家資格となります。

 

最近良く見られる、資格とは名ばかりの民間資格とは違い、取得するにも非常に大変な資格になります。

 

文部科学省のホームページで公開されている、図書館司書の職務としては、全国の都道府県や市町村の公共図書館などで図書館資料の選択や受注、受け入れ、そして貸し出し業務を行います。

 

更には、読書活動の推進に向けての活動や、自動車文庫と呼ばれる移動式の図書館の運用なども司ることになります。

 

簡単にはなることができないというのは、この職務内容を見ても明らかですよね!

 

図書館司書になるためには?

図書館司書となるためには、大学や短大で必要な科目を受講して卒業することが出来れば、そのまま図書館司書の資格を取得できます。

 

その他の方法として、司書講習と呼ばれる講習を受けて終了すれば資格を取得できるのですが、この司書講習を受ける要件がそこそこハードルが高く、大学に2年以上在学・もしくは卒業しているか、図書館司書浦として3年以上の実務経験が必要です。

 

司書講習についても、相当の時間と労力、そして費用が発生していしまいますので、楽に取得できません。

 

よって、ただ漠然と図書館司書という資格を取得したいと思うだけでは、なることができないということを理解しておくべきですね。