図書館司書の魅力とは?

図書館司書の魅力とは、どのようなものだと思いますか?人それぞれに、図書館司書の魅力を感じる部分はあると思います。

 

ここでは、図書館司書を目指す方や、図書館司書って何?という方に向けて、図書館司書の魅力についてご紹介していこうと思います。

 

図書館司書には魅力がたくさん!

図書館司書の魅力は、主に以下のようなものがあります。

 

・利用者の方に喜んでもらえる
・多くの人に本を読む楽しさを伝える事が出来る
・こども達に絵本を読み聞かせ、楽しんでもらえる
・自分の好きな本をコーナーとして設置出来る
・自分がやりたいイベントを企画することが出来る
・年齢層問わず、多くの方と関わる事が出来る
・自分の大好きな本に囲まれて仕事が出来る

 

など、図書館司書の魅力として挙げ始めると、きりが無いほど多くのことが挙げられます。

 

一見同じ事を繰り返すだけの、事務的で地味な仕事と思われがちな部分があるのが、図書館司書です。ですが、日々大好きなものに囲まれて、新たな知識をどんどん増やし、いろんなことにチャレンジしていくことが出来る素晴らしい魅力を持った職でもあるのです。

 

利用者の方からお勧めの本を聞かれ、とても多くの本の中から司書としてお勧めできる一冊をご紹介したときに、後日「面白かった!また次もお勧めの本を教えて欲しい」と仰ってもらえたときには、司書として働く事に、とても大きな喜びを感じる事が出来ます。

 

利用者の方との繋がりが、自分の仕事をさらによりよいものにしていくという点も、図書館司書の魅力だと言えます。

 

同じジャンルの本の中であっても、その方に合った本を提供することが出来る様になれば、それこそ図書館で本を扱うプロフェッショナルとなることが出来ます。利用者の方の探し物を手伝っている間に、自分自身どんどん本に関する知識が増えていく事になります。

 

人との関わりの中から自分自身が成長していくことが出来るというのが、図書館司書の仕事でもあり、魅力でもあります。